« 680 野鳥売買メジロたちの悲劇 遠藤公夫 | トップページ | 681 まんがで読破 堕落論・白痴 坂口安吾 »

健康診断

 午前中は胃検診。バリウムを飲むのだ。朝7時の開始に合わせて行ったら、21番とのこと。あまり早く行けば悪いと配慮したが、そうでもないようだ。
 苦言を呈するが、受付と待ち合わせを同じ部屋でやっているのはどうかと思う。待っている人は静かに待っている。その中で「下剤について」「がんで亡くなった親族について」回答を強いるのだ。

 順番が来た。レントゲンの支障にならないように薄着をしてきたつもりだが、ティーシャツの胸のポケットがよくないとのこと。ティーシャツを脱いて撮影。
 終了。
 次の人は女性であった。彼女に向けて私の上半身ヌード肉体美をばっちり見せつけてしまった。朝からすみません。

 終わったら8時半。喉も乾くし、そもそも空腹だ。牛丼を作ってがっつり食う。

 午後は一般的な健康診断。
 尿検査、レントゲン、聴力、視力、身長、体重、腹囲、血圧、採血、心電図、問診。
 レントゲンで姿勢が悪いらしくもう一度。さらに「もうちょっと低くなってください」と三度目の撮影。

 要項をよく見たら、胃検診と健康診断を同日に行なってはいけないとのこと。きっとレントゲンの被曝を危惧してではなかろうか。

  

|

« 680 野鳥売買メジロたちの悲劇 遠藤公夫 | トップページ | 681 まんがで読破 堕落論・白痴 坂口安吾 »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

朝7時で21番目・・あはは

投稿: | 2014.07.30 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 680 野鳥売買メジロたちの悲劇 遠藤公夫 | トップページ | 681 まんがで読破 堕落論・白痴 坂口安吾 »