« 献血31 | トップページ | 687 変わる力 鈴木敏文 »

686 まんがで読破 水滸伝 施耐庵

図書館より。イースト・プレス。漫画、バラエティ・アートワークス。

 まず絵がいい。白とスミの対比が美しい。美少年だけではなくヒゲオヤジもいきいきと描いている。
 そして原作。登場人物の侠気が爽やかだ。鉄牛のエピソードがクライマックス。そして林冲、陸謙、秀玲の三人のドラマ。
 宋代は文化的には発展したが、国が乱れ、外国の侵略に悩んだ時代。スーパーヒーローを求めた民衆がこんな話を求めたのかもしれない。

  

|

« 献血31 | トップページ | 687 変わる力 鈴木敏文 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 献血31 | トップページ | 687 変わる力 鈴木敏文 »