« 図書館873 | トップページ | 検索フレーズ11月 »

706 まんがで読破 レ・ミゼラブル ユゴー

 図書館より。イースト・プレス。漫画、バラエティ・アートワークス。

 革命前夜のフランスを舞台に、真っ直ぐ生きる人間たちの物語。
 ジャン・バルジャンの造形がいい。今風の二枚目になんてしない。鼻は大きく目は切れ長、てっぺんハゲと悪役ヅラ。これがいい。こうでなくては。
 ファンティーヌとコゼットの泣き顔がいっしょで泣ける。

 そして以下の名台詞。なんて真っ直ぐで力強い。
#ジャン・バルジャン これからをどう生きるかが重要だと言ったはずです 私はこの銀器であなたの魂を悪から買い戻しました あなたはもう悪と縁を切ったのです 私はあなたを信じています 正直な人間になるのですよ
#私は正直な人間になると誓ったのだ
#自分の命を犠牲にして平和のために死ぬのはかまわない だが 残された者の悲しみは一生消えることはないのだ 愛するものがいる限り それは自滅ではなく殺害となるのだ 愛する者のために生きろマリユス… 愛が未来をつくるのだ 生きて君たちのめざす平和を成し遂げるんだ!
#気ににはマリユスという心から愛せる者がいる… 私の父親としての役目は終わったのだ これからはマリユスと共に幸せに生きてくれ… 今まで私のことを愛してくれて… 本当にありがとう

  

|

« 図書館873 | トップページ | 検索フレーズ11月 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 図書館873 | トップページ | 検索フレーズ11月 »