« ラグランジュポイント_35 | トップページ | 791 会社の「仕組み」を知っている人だけが、上手くいく 楠木新 »

790 サムライブルーの料理人 西芳照

 白水社。副題、サッカー日本代表専属シェフの戦い。

 これは名著。このシェフを取り上げた企画の勝利である。誠実で料理が好きで、福島を愛する著者。写真を見るとおとなしそうな顔だのに。

 アフリカ大会帰国後の記者会見でFW森本が「アフリカの歌を歌います」と無茶ぶりされたことがあった。選手たちは大爆笑、見ている人はあっけにとられる、いわゆる内輪受けなのだが、この本を見るとアフリカの歌の起源がわかる。

*「食」という字は、「人を良くする」と書きます。食べることは身体の状態を維持するだけではなく、人の心を支え豊かにします。ワールドカップ南アフリカ大会では、スイス合宿中から食事会場の雰囲気がとてもよく、選手たちは毎回楽しく談笑しながら食事をしていました。
*中学二年生以上のスポーツ選手は、スポーツをしない人の1.5倍の量を食べると言われています。
*世界各地で「教えてくれ」とシェフたちにせがまれる日本食メニューの一位は照り焼きのたれ、二位が唐揚げ、三位がラーメンです。
*南アフリカに入ってから中国米を使っていたのだが、日本大使館を経由して韓国米を購入することができた。岡崎慎司選手がごはんを盛り付けながら「西さん、今日の米は違いますね」と気づいたのだ。

 巻末には西シェフお勧めのレシピがある。私は鳥肉が好きで勝手に照り焼きを作っていたのだが、うまくいかない。このレシピの通り計ってやってみたら、おいしい照り焼きができた。

  

|

« ラグランジュポイント_35 | トップページ | 791 会社の「仕組み」を知っている人だけが、上手くいく 楠木新 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラグランジュポイント_35 | トップページ | 791 会社の「仕組み」を知っている人だけが、上手くいく 楠木新 »