« 783 はずれ先生にあたったときに読む本 立石美津子 | トップページ | 体重82.7kg 25.2%・ウヰスキー236 »

784 部下を定時に帰す仕事術 佐々木常夫

 図書館より。WAVE出版。副題、「最短距離」で「成果」を出すリーダーの知恵。

 あとがきにすべてがある。書籍や講演会の質問ではタイム・マネジメントなど小手先の技術を求められる。それはこれまでやってきたことなので書くことは難しくない。しかし本質はそこにはない。物事の軽重を計ること、すなわち何が大事で、何を削れるか、を考えることこそ大事だというのだ。

*プアなイノベーションより優れたイミテーション
*拙速を旨とせよ
*中期展望から目標をブレークダウンする
*口頭よりも文書で伝える; メモ魔
*仕事は「何をしないか」が大事
*卓上カレンダーは2ヶ月ぶんを並べる

#「営業とは当たり前のことをきちんと実行することだ」ということがわかったような気がします。営業で大事なことは「時間を守る」「嘘をつかない」「悪い情報はすぐ流す」「相手の立場を考える」「よく勉強する」などということだったからです。

  

|

« 783 はずれ先生にあたったときに読む本 立石美津子 | トップページ | 体重82.7kg 25.2%・ウヰスキー236 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 783 はずれ先生にあたったときに読む本 立石美津子 | トップページ | 体重82.7kg 25.2%・ウヰスキー236 »