« 図書館950 | トップページ | 献血39 »

806 まんがで読破 学問のすすめ 福沢諭吉

 図書館より。イースト・プレス。漫画、バラエティ・アートワークス。

 目がいい。母親と同じ諭吉のキラキラした目がいい。どんな困難にもくじけない意思のある目だ。
 中津藩の下級武士に生まれ、いじめに遭い、学問に志し、欧米を巡り、慶應義塾を開くまでの本編と、『学問のすすめ』のダイジェストからなる。身分制度を憎んでいた思い出が、「アメリカ大統領の子孫は何をしているのですか」と尋ねるエピソードにつながるところが見事。諭吉自身も封建制度にとらわれていたのだ。

#ひとつのことがわかればそこからどんどん先に行ける 学問はおもしろい 俺はやればなんでもできるんだ!
#家老の子は家老に足軽の子は足軽にしかなれない… 世の中個人の能力も関係なしに 生まれたときから人の貴賎が決まってしまう そんなのバカバカしすぎるだろ!?

#通訳 浜中万次郎
 中浜だ!

#自由とは 独立できるということです
*人間の五つの要素; 体 知恵 情欲 誠実さ 意思

  

|

« 図書館950 | トップページ | 献血39 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 図書館950 | トップページ | 献血39 »