« 体重83.2kg 22.3% | トップページ | 857 発達障害の子に「ちゃんと伝わる」言葉がけ 佐々木正美 »

856 日常語なのに日本人が知らない英語の本 ジャン・ユンカーマン+松本薫

 図書館より。さくら舎。

 「イケメン」「チャラ男」「意識が高い人」「あっぱれ」「べつに」など、日常の日本語を英語でどう言うか考えて遊ぶ本。いきなり答を出すのではなく、いろいろ表現を出してみて、吟味する過程が楽しい。

*spouse配偶者 gaffe湿原

#麻雀用語の「テンパイ」、すなわち「あと一手で上がれる状態」を示す言葉が不可解な進化を遂げ、「余裕を失う」「焦る」「混乱する」の意味を持つようになった。
 これは名言。

*詐欺のフィッシングがなぜphishingと表記されるようになったかについては諸説ある。最も有力なのは「洗練された詐欺」の意味で、fishingにsophisticatedを引っかけたという説。

  

|

« 体重83.2kg 22.3% | トップページ | 857 発達障害の子に「ちゃんと伝わる」言葉がけ 佐々木正美 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体重83.2kg 22.3% | トップページ | 857 発達障害の子に「ちゃんと伝わる」言葉がけ 佐々木正美 »