« 863 たった2分で凹みから立ち直る本 千田琢哉 | トップページ | 週末の過ごし方20150906 »

864 後出し会話術 内藤誼人

 図書館より。小学館。副題、会話がつながる! 話がはずむ!

 自分の価値で判断せず、会話の主導権を相手に渡してしまう後出し会話術。その自分の空っぽさに崇拝してしまうほどだ。欧米の心理学実験の結果がぽんぽん挿入されて、心理学好きにも楽しい本。

*人間関係においては、「安易な元気づけ」や「励まし」はしないほうがいい。相手が感情に関する話をしているときには、ただ静かに相手の目を見て、相手が話していることに耳を傾けよう。

*「あなたは〇〇だ」と断定するのではなく、「あなたは〇〇だって人に言われませんか」のように質問する技法は、レトリック話法と呼ばれている
 レトリックって、もっといろいろバリエーションのある技法だと思うのだが。

#絶対に、絶対に、絶対に「遅刻」するな(心を開いてくれなくなる)

#口はたえず「イ」の形をキープする

*相手の口が軽くなる誘導法; 自分自身のエピソードを先に披露する。それから「あなたはどうですか」

  

|

« 863 たった2分で凹みから立ち直る本 千田琢哉 | トップページ | 週末の過ごし方20150906 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 863 たった2分で凹みから立ち直る本 千田琢哉 | トップページ | 週末の過ごし方20150906 »