« 献血43 | トップページ | 869 桂かい枝の英語落語 猫の茶わん 桂かい枝 »

868 桂かい枝の英語落語 転失気 桂かい枝

 図書館より。汐文社。

*sorry to bother you; おじゃましました

 これは残念な本。一つはサゲ直前のタイポ。sake cupがsake supになっている。それまで何度もsake cupと出ているのに、よりによっての興ざめ。
 もう一つは日本語訳。転失気という一つの言葉を、住職は「さかずき」、医者は「おなら」の意味で取り違えたまま会話が進む、という落語でよくある話なのに、『「催す」なんぞとおっしゃいまして、夜になりますというと、奥さまと毎晩、さかずきをやったり取ったりなさっているのではございませんかな?』と言ってしまっている。「さかずきを」と言っては駄目でしょう。ここは夫婦で放屁をやったり取ったりしているのかと想像して笑うところだ。

  

|

« 献血43 | トップページ | 869 桂かい枝の英語落語 猫の茶わん 桂かい枝 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 献血43 | トップページ | 869 桂かい枝の英語落語 猫の茶わん 桂かい枝 »