« 883 ケチケチしないで500万円貯金しました ハイシマカオリ | トップページ | 885 先生、洞窟でコウモリとアナグマが同居しています! 小林朋道 »

884 ウイスキーと私 竹鶴政孝

 図書館より。NHK出版。

 昨年度の10月から今年の3月まで朝のドラマで『マッサン』が放映された。今年の夏に北海道旅行に行った。そのフェリーの中で読んだのが本書である。そして向かうは聖地、余市蒸溜所。ドラマで見た青春物語だけではなく、庫出税への税制改革、ウイスキーの級別廃止など、経営者としての話も語られる。

*(ウイリアム博士から)「カンベルタウンの蒸溜所に、親友のイネー博士がいる。君のことを話したら、技師として迎えてもよいといっている。イネー博士は、日本酒を作る麹に大変興味を持っているようだ」といわれた。
 キャンベルタウンではなく「カンベルタウン」はQEだからであろうか。

*(カフェ式蒸留器のバルブに触らせてもらえなかったが)三週間近く通ったある日、蒸留主任のおじいさんが同情してくれたのか、
*「お前は操作してみたいのだろう。あさってから自分が夜勤になるから夜通え、教えてやる」
*と約束してくれた。

#「優しい人だし、それになかなか美人だね。日本に連れて帰るように」
 リタを見て、摂津酒造の阿部社長。リタは跳び上がって喜んだそうだ。内向的なリタの無邪気な姿は見てみたい。

*イギリスには五つの大きなウイスキー・メーカーがある。
*デュアー家(ホワイト・ラベル)、ウォーカー家(ジョニー・ウォーカー)、ブカナン家(ブラック・アンド・ホワイト)、マッキー家(ホワイト・ホース)、ヘーグ家(ヘーグス)の五つであるが、(略)
 昭和二年までには五つともウイスキーの連合会社、DCLと合同することになってしまったそうだ。

  

|

« 883 ケチケチしないで500万円貯金しました ハイシマカオリ | トップページ | 885 先生、洞窟でコウモリとアナグマが同居しています! 小林朋道 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 883 ケチケチしないで500万円貯金しました ハイシマカオリ | トップページ | 885 先生、洞窟でコウモリとアナグマが同居しています! 小林朋道 »