« 899 まんがで読破 地獄の季節 ランボー | トップページ | 900 毎日の英速読 Vardaman 神崎正哉 »

週末の過ごし方20151013

 いや火曜日なのだけれど、勢いで。会社がお休み。

 台風で支柱ごと倒れたコスモスに支柱を立てる。エアコンにカバーをかける。それはいいがナイロンロープを切ろうとしたらはさみが切れない。はさみを100円ショップで買ったハサミ研ぎで研ぐ。

 ホームセンターKへ。浄水器が水漏れするようになったのだ。浄水を出そうとすると、別の穴からも水が漏れて「きれいな浄水」という気分がぶち壊しなのだ。予備のカートリッジに替えてみるも変わらず。本体の劣化であろう。「703」は903と違い、「浄水」「シャワー」「通水」の表示がないので家族には不評。シールを貼ろう。交換パーツがブリスターパックでなくビニル袋に入っていたり、ねじるプラスティック工具が省略されて「コインで回して」になっていたり、コストカットに企業努力を感じる。

 風呂の排水ボタンがずっと前から壊れている。ボタンの裏に筒型のところがあり、それで下から突き出るピンを保持する構造である。あまりうまくない構造だと思う。その筒型が壊れた。ボタンの裏にゴムなり木材なりのちょうどいい直径の部品をはめて、ピンの刺さる穴を穿孔すればいいかな、ぐらいに考えている(この説明は伝わるのだろうか)。とりあえず合いそうなゴムを買ってきた。ボンネットなんかのクッションになるゴムだ。高さが倍もあるので、切断する予定。

 眼鏡屋へ。フレームが歪んでいたので修正をお願いする。鼻からずり落ちるのだ。当然、見ていても焦点が合わず気持ち悪くなる。不思議なのはそう言って店員さんにお願いすると、眼鏡が顔にフィットすること。なぜわかるのだ。待ち時間にTALEXのレンズを目に当てる。欲しいなあ。今のサングラスはドルチェ&ガッバーナでブランドとしてはいいが、片方のつるが開いてしまって片方のレンズにまつ毛が当たるのだ。これは気持ちわるい。

 本屋へ。田中芳樹の『海から何かがやってくる』を購入。しかしなんだこのタイトル。

 ホームセンターHへ。水質を浄化する「EBB-boll」を宣伝している。納豆菌の力を利用するのだそうだ。モニタにビデオを表示するほか、EBBを入れている水槽とそうでない水槽を並べる力の入れようだ。水槽にはベタがいた。広い水槽でベタも気持ちよさそうだ。(一晩別の水につける必要があるそうだ。封じ込めた納豆菌を活性化させるのであろう。いきなりどぼんしなくてよかった)
 1,400円くらいでちょっと高いなと思ったが、購入。ついでにアナカリスも購入。エビのために屋外で農薬を抜く。

 電器屋へ。乾電池を回収ボックスに入れる。ボタン電池を入れるのを忘れた。カシオネームランドのカートリッジは回収していなかった(昔どこかでやっていた気がする)。また昔「こでん」とかいって小さな家電を回収していた。不要になったイデオスを「都市鉱山」という観点からすればリサイクルして欲しいが、「こでん」ボックスもなかった。ネームランドカートリッジは燃えるゴミに捨てた。イデオスは、燃えないごみに捨てるのは簡単だが、どうしよう。

 図書館へ。今回借りた本はもう読んでしまったので二冊くらい追加しようかと思っていたが、休館日であった。

  

|

« 899 まんがで読破 地獄の季節 ランボー | トップページ | 900 毎日の英速読 Vardaman 神崎正哉 »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 899 まんがで読破 地獄の季節 ランボー | トップページ | 900 毎日の英速読 Vardaman 神崎正哉 »