« 913 神様に上手に助けてもらう方法 斎藤一人 | トップページ | EBB-bollやめた・ウヰスキー263 »

914 発達障害に気づかなかったあなたが自分らしく働き続ける方法 高山恵子

 図書館より。すばる舎。

 著者はNPO法人えじそんくらぶ代表。自閉症やアスペルガー症候群、ADHDなどの専門家である。もっと言うと本人である。この書名にしびれる。「変わっている人」で通ってきた自分が、大人になって苦労ばかり重ね、「どうして僕は何をやっても駄目なんだろう」と悩んでいるうちに「ADHDですね」と診断される。泣ける。
 ふつう「グレーゾーン」というところを、それでは暗い印象だからと「パステルゾーン」と呼ぶお医者さんの意見を採用する。流行るかな。

#「刺激の取捨選択が難しく、必要な音も不必要な音も同じように入ってしまう」というチューニングの問題です。

#セルフモニタリング力(自分を観察する力)が弱いと、過集中である自分の状態に気付くこともできないため、他の業務に支障をきたしたり、体を壊したりしてしまうことがあります。
 ADHDはの前半は「注意失陥」という意味であるが、正確にはすべてのことに集中してしまうため、「過集中」という表現がしっくりくるのだ。

#過去の体験そのものは変えられなくても、その体験の解釈は、あなたが自由に書き換えることができるのです。

#"ノンADHD"
 この考え方。ADHDが中心で、それ以外の人はそうではないという、平等な考え方。

  

|

« 913 神様に上手に助けてもらう方法 斎藤一人 | トップページ | EBB-bollやめた・ウヰスキー263 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 913 神様に上手に助けてもらう方法 斎藤一人 | トップページ | EBB-bollやめた・ウヰスキー263 »