« EBB-bollやめた・ウヰスキー263 | トップページ | 週末の過ごし方20151115・ウヰスキー264 »

915 40歳、初めてのお見合い 大手小町編集部

 図書館より。ポプラ社。

 高齢お見合いコメディかな(失礼)と思って借りたら、あの発言小町のほっこりするトピック6編の再編であった。ジェラシーは一切なく、ひたすらほっこりする200ページ強。

 初めてのデートの後、食事代の割り勘を取り合って。
*彼が笑って「じゃあ、何回かに一回くらいお願いします」と言いました。
*「ということは、あと何回かは会ってもらえるんですね」と聞くと、「何回かじゃなくて、もっと、ずっと、付き合ってください」と。

 お見合いの話もいいが、おばあちゃんの話もいい。騙され続けの一生なのに、「幸せな人生だった」と言うのだ。いいじゃないかそれで。ぼけとは神様が善人に死の恐怖を感じさせないように配慮したごほうびかもしれない。
#認知症の末期には、感情失禁といって感情が豊かになる症状や、多幸症という症状が出るのが特徴だそうです。

 画竜点睛を欠いたのはイラストレーター(あるいは連絡した編集者)。
「娘が通っていた体操教室の先生がイケメンでした」という話なのに、母親がテレビ画面に映っている『おかいつ』らしき体操のお兄さんに「子どもより熱い視線で体操のお兄さんを見つめます。」という挿絵を載せている。
 編集者もチェックしたはずなのにこれを載せてしまうとは、残念。

  

|

« EBB-bollやめた・ウヰスキー263 | トップページ | 週末の過ごし方20151115・ウヰスキー264 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EBB-bollやめた・ウヰスキー263 | トップページ | 週末の過ごし方20151115・ウヰスキー264 »