« 懸賞白書18「アサヒもぎたて」 | トップページ | 体重80.9kg 24.1%・週末の過ごし方20160425・ウヰスキー281 »

978 トップ1割の教師が知っている「できるクラス」の育て方  吉田忍・山田将由

 図書館より。学陽書房。副題、◯×イラストでわかる!

 子供が一方的に話しをするのでなく、先生と生徒が相互にコミュニケーションをとり、子供自身に目標ややり方を考えさせる方法をコーチングと呼ぶ。その実践を、誰にでもわかるように◯×二種類のイラストで説明する。

*「なぜ」でなく「何(があったの)」で質問する; 「なぜ」は圧迫・緊張
*3大承認; ①挨拶 ②名前を呼ぶ ③目線を合わせる
*説得のMEAT; Merit, Emotion, Authority, Threat
*スケーリング; 時間を計ったり、点数化したりする

*同僚のタイプ分け
*コントローラー; 自己主張強い・感情表出低い
*プロモーター; 自己主張強い・感情表出高い
*アナライザー; 自己主張弱い・感情表出低い
*サポーター; 自己主張弱い・感情表出高い

  

|

« 懸賞白書18「アサヒもぎたて」 | トップページ | 体重80.9kg 24.1%・週末の過ごし方20160425・ウヰスキー281 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懸賞白書18「アサヒもぎたて」 | トップページ | 体重80.9kg 24.1%・週末の過ごし方20160425・ウヰスキー281 »