« 体重81.3kg 23.2%・ウヰスキー283 | トップページ | 図書館1103 »

985 翻訳の原点 辻谷真一郎

 図書館より。ノヴァブックス。副題、プロとしての読み方、伝え方。

 著者は欧州全公用語の医療翻訳を手掛ける達人。
 「情報量」をキーワードに、まずい翻訳を切り捨てる。「情報量」という概念をつかむまでは苦労するが、このようなことらしい。
 uncleは情報量が少なく、叔父や伯父は情報量が多い。
 冠詞のない名詞は情報量が多く、theのついた名詞は情報量が多い。
 要は状況を決定できる単語を見つけることだ、と言ったら笑われるだろうか。

*出没情報; Wash your hands with soap and water.で、日本語では「水で」はいらないので出没情報と呼ぶ。
 「石鹸と水で手を洗ってください」だとどう考えても変だ。

*比較に「~のそれ」を使うとわかりにくくなる; 「あの人の背は私より高い」でよい。
 翻訳文体だと「シンガポールの気温は日本のそれより高い」と言いがちだが、「シンガポールの気温は日本より高い」でいいのだ。

*「さらなる」をやめて「さらに」にしてみたら; 英語を訳そうとすると、どうしても「連体形を積み上げた」文になりがちである。

  

|

« 体重81.3kg 23.2%・ウヰスキー283 | トップページ | 図書館1103 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 体重81.3kg 23.2%・ウヰスキー283 | トップページ | 図書館1103 »