« デスクトップ起動せず | トップページ | ハミルトンズ »

998 高校球児に伝えたい! プロでも間違うバッテリーの基本 里崎智也

 図書館より。東邦出版。

 キャッチャーとは特別なポジションである。子供が野球を習うとき、投手や内野手出身の指導者に習うことが多そうだが、捕手経験者に出会う確率は高くないだろう。
 名捕手がいなくなってしまう前に、正しい指導を残すという狙いで作られた本は、著者の経験を高校生向きにわかりやすく解説している。著者のバッテリーコーチが山中潔氏というのも渋い。山中氏は確か達川や田村という名捕手の陰でサブの存在であったはずだが、ここまでコーチ向きの人材であったとは。
 キャッチングや宋休のセオリー、練習法、プロがこの練習をどのくらいの量やっているのか、など捕手ならきっと夢中になって読んでしまう一冊。

*(ミットの中の)人差し指は時計の12時の方向(それでもミットは横向きに見える)
*右手はヒザの上; ミットの死角になり、怪我しない ランナーがいないときは背中でもよい
*盗塁が予想されるときはスタンスはTの字(左足を前に)
*バントを防ぐのは全員で; ベンチも含めて
*レガース補助; 膝が曲がり過ぎることやお尻が落ちることを防げる

  

|

« デスクトップ起動せず | トップページ | ハミルトンズ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デスクトップ起動せず | トップページ | ハミルトンズ »