« 1057 本物の英語力 鳥飼玖美子 | トップページ | 大航海時代5 LV70 マケドニアで発掘 海図27 »

1058 覚悟の片付け 阿部絢子

 図書館より。NHK出版新書。副題、リバウンドなし!

 著者は洗剤会社やデパートの消費者相談室に務めた生活研究家。
 物がたまっている状態を「ごちゃごちゃスパイラル」と名付け、ステップに分けた片付け法を説く。
 しかし本書の最大の魅力は、その竹を割ったような口調だ。ちょっと引用する。

#でも、本当に今のあなたがその思いや絆を心から必要としているのならば、幾度となく取り出し、見返し、思い出に浸っているのではないだろうか。開けてみるまで、それをとっておいたことを忘れるようであれば、もう、あなたはそれを必要としていないのかもしれない。片付けを機に、一度手にとり見返してみよう。今のあなたにとって必要かどうか、心に問いかけてみるといい。

 どうですか。正座して反省して物を捨てたくなります。本に叱られているようだが、悪い気はしない。
 下手な文章に触れる毎日の中、たまにこんなに美しい文章に出会うと心が冴える気がする。

*「座敷」は本来、客を迎え入れる部屋だ。(略)そこは家族がくつろぐ場所ではない。
*(洋室の)「応接間」には読みかけの新聞や脱ぎ散らかした服は置くべきではない。

*モノが減ると、家や部屋の手入れもずいぶん楽になる。(略)掃除もそうだが、布団の上げ下ろしや掃除のときに、窓を開けて空気を入れ替えるだけで家の中のホコリは外に出ていく。洗面所や風呂場、トイレなども、使ったついでにその周りの汚れをささっと拭いておく。そうしておけば年末の忙しいときに大掃除をする必要はない。実際に、ここ十年、私は大掃除をしていない。

  

|

« 1057 本物の英語力 鳥飼玖美子 | トップページ | 大航海時代5 LV70 マケドニアで発掘 海図27 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1057 本物の英語力 鳥飼玖美子 | トップページ | 大航海時代5 LV70 マケドニアで発掘 海図27 »