« 大航海時代5 LV70 ヌビア制覇 海図28 | トップページ | 図書館1205 »

1066 英語の冒険 メルヴィン・ブラッグ

 図書館より。アーティストハウス。

 英語を生き物と考え、北欧語やラテン語、フランス語などを貪欲に吸収していく姿を、ドラマティックに語る。英語を使ってはならなかった法律の文書や、キリスト教の聖書で英語を使おうとしたその勇気(下手すれば処刑)に思いを馳せ、嘆息するほかはない。あくまでも熱く、あくまでも軽妙な著者の筆致が見事。

*書き言葉は正確さを生み、思考にはっきりした形を与え、喪失の危機を軽減する。

#古北欧語はillで、古英語はsickだ。

*法律関係では(略)condemn(有罪とする)は(フランス語の)condemnerに、prison(監獄)はprisunに、そしてgaol(ゴール)はgailoeに由来する。
 誤訳では。流れからするとgaolはゴールでなくて監獄だ。

*shallとwillの過去形がshouldとwouldだから、canの過去形にもlが足された。

#free, these, field, seize, key, machineという語はすべて同じ母音を持っている。

*コクニー; おんどり(コック)が生んだのかと思うほど小さくて形の悪い卵のこと

|

« 大航海時代5 LV70 ヌビア制覇 海図28 | トップページ | 図書館1205 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大航海時代5 LV70 ヌビア制覇 海図28 | トップページ | 図書館1205 »