« 1075 腰痛解消!「神の手」を持つ16人 現代書林特別取材班 | トップページ | 1076 1Q84 BOOK2 村上春樹 »

ヘルスチェックと時計とコーヒーミル

 家族でお出かけ。

 薬屋の店頭に、血圧や体脂肪率などを測れるコーナーがある。セールスもなさそうなので試してみる。
 まず肌年齢。性別、身長、体重、年齢を入力し、「洗顔したあと肌がつっぱりますか?」などの質問に答える。イヤホンのような電極をほっぺたにセットする。両手の手のひらを別の電極の上に置く。40秒計測。……「あなたの肌年齢はウン歳(-_-;) 肌健康度はD(A~E)」と、実年齢より7歳も多く算定された。肌タイプは普通肌。乾燥肌だと思っていたのに。

 次は血管年齢。性別、年齢を入力し、人差し指を指紋認証のような装置にセットする。およそ一分。血管年齢ウン歳、脈拍数66bpm、血管老化偏差値60(なにそれ)、「弾力性が低め」と宣告される。血管年齢は実年齢よりなんと十歳上であった。五段階でE評価。最低。

 スージーも同様に挑戦したが、実年齢とほぼ変わらない数値。私のほうが運動したり、食材に気を使ったりしていると思っていたのに。敗北感。

|||||

 シチズンの腕時計、ワイアードを見る。私は青色が好きで、クルマや鞄や文房具を青でそろえているのでうっとりする。やはり買うなら421がいい色をしている。ただ私もいい年なので、もう少し早く出会いたかったな。
 ほかにもスントで脈拍・活動量が測れるものがあり、カシオのプロトレックで気温が計れるものがあった。去年出たカシオのスマートウォッチは魅力的だが気温が計れない。
(しかし日本語の「計る・測る・量る」は細かく分け過ぎだなあ、と思う。さらに「図る・諮る・謀る」もあるし。)
 いま腕時計はタイマー機能のある(実はすごい)チープカシオと、カシオの初期型ウェーブセプターがある。困っているわけではないので、いいものをじっくり選んで買おうと思う。

|||||

 デパートの食器コーナーが好きだ。包丁がいい。トングがいい。温度計がいい。まな板がいい。
 そして今回はコーヒーのコーナーがいい。いまはカリタのコーヒーメーカーの付属のプラスティックのドリップを使っているのだが、ダイヤカットだったか、斜めに筋が引かれている透明なドリップを宣伝で見て欲しくなった。布で濾すネルドリップや、金属のメッシュで濾すカフェオールが気になった。
 カフェオールを買う直前まで行ったのだが、今度はミルが気になる。大学時代に友達がクラシカルなミルで豆を手で挽いていたっけ。時間に余裕がないとできない。あれこそが人生の贅沢だ。ひるがえって私と言えば、スーパーで賞味期限直前で安くなったコーヒーばかり飲んでいる。それではドリップを替えたくらいでは劇的な変化は見られまい。
 今ある古いコーヒーを飲みきって、情報を集める楽しみを経て、ミルを買いたいと思う。


 

|

« 1075 腰痛解消!「神の手」を持つ16人 現代書林特別取材班 | トップページ | 1076 1Q84 BOOK2 村上春樹 »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1075 腰痛解消!「神の手」を持つ16人 現代書林特別取材班 | トップページ | 1076 1Q84 BOOK2 村上春樹 »