« 大航海時代5 LV70 イベリア金船、サハラ投資、南アルプス 海図37,38,39 | トップページ | 週末の過ごし方20170611 »

1104 野球守備フォーメーション 菊池壮光

 図書館より。成美堂出版。

 著者は東京ガスの監督。走者の位置ごとに、野手がどう動くべきかを解説している。「外野を含め、すべての野手が必ず動く」点は子供に大切なことである。
 ランナー一塁でファーストのダミーの前進から、戻るまたはセカンドが入る、というピックオフプレーもある。

 ユニークなのは打者のタイプ分類。引っ張りタイプ、おっつけタイプ、万能タイプの三つに分け、それぞれのファールの軌道や見送り方で見極められるとしている。引っ張りはファールにフックがかかり、前足に重心がかかってバットも半分振って見送る。おっつけのファールはスライスし、見送ったときに重心は残りバットはトップにある。万能は特徴はないので決めつけない。
 右利きの右投げ左打ちは左腕が弱いのでバットが返せない。左手を押し込めず、引っ張れないので切ってインハイを攻めよう、とのこと。

|

« 大航海時代5 LV70 イベリア金船、サハラ投資、南アルプス 海図37,38,39 | トップページ | 週末の過ごし方20170611 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大航海時代5 LV70 イベリア金船、サハラ投資、南アルプス 海図37,38,39 | トップページ | 週末の過ごし方20170611 »