« 1125 「仕事が速い人」のエクセル関数術 日経BPムック | トップページ | 【雑文80】献血タロット »

1126 女のいない男たち 村上春樹

 図書館より。文藝春秋。

 珍しく前書きがついている。「偉そうになるか、言い訳がましくなるか」だから書きたくないと言い訳しながらも、長編を書くことに慣れているので短編集一冊分まとめて書く、というのは確かにねえ、とにやりとさせられる。また『ドライブ・マイ・カー』のちょっとした煙草事件も書かないわけにはいかなかったのだろう。

 内容は題名から想像されるとおりであり、自宅以外で読んでいると他の人が真面目に生きているのにこんな本を読んでいていいのだろうかとときどき赤面する。

 『木野』という作品が気に入った。
#おれは傷つくべきときに十分に傷つかなかったんだ、と木野は認めた。

 これは表題作。作者のお遊び。
#たぶん(僕はたぶんという言葉を使いすぎている。たぶん)。

|

« 1125 「仕事が速い人」のエクセル関数術 日経BPムック | トップページ | 【雑文80】献血タロット »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1125 「仕事が速い人」のエクセル関数術 日経BPムック | トップページ | 【雑文80】献血タロット »