« 1177 わかりやすい日本語 野村雅昭・木村義之 | トップページ | 週末の過ごし方20171126 »

週末の過ごし方20171125・ウヰスキー350

 午前中は体力お仕事で出張。

 お昼。献血へ。70回め。記念品は三年備蓄カレー。規則で決まっているのであろうが、何十回も献血した人への注意事項はスキップできないかな。
 『ちはやふる』を読みに行っているこのごろ。21巻から25巻まで。太一が守りがるたに目覚め、原田先生が名人への挑戦権を得て、元クイーン猪熊遥の強さに若宮詩暢がスマイルを見せる。ヒール周防名人の子供の頃のエピソード。そして新は思い切った行動に出る。何度も目頭が熱くなる。

 しかし白眉は呉服の大江のお母さん。遥ママがある理由でパニックになったその時、さらりと助け舟を出す。
「着物はお母さんの味方よ」 これで泣かずにおれようか。
 しかしこの作者のすごいところはそのシーンの余韻も消えぬうちに「大江パンフレット」のギャグを出してくるところ。

 映画も見た方がいいかな。

 ペットショップPへ。最近は新しく開拓したAに行くことが多い。Aがちょっと安い。でもPの方が店員に声をかけやすいのだ。ミナミヌマエビ5匹、単価70円、350円なり。ただ今水合わせ中。

 帰宅。ポーシャがコートが欲しいと言う。明日は一日部活なので五時から買い物。ダウンジャケットに絞る。真っ白いのがノーブルでいいなと思ったが、ポーは真っ黒なものを選んできた。冬は日没が早いし、クルマから見えないと指摘するも、「だってみんな黒っぽいのに一人だけ白はいやだ」とのこと。出た横並び思想。せっかくの色白なのにもったいない。大勢の中から探すのも楽でいいのにな。ヒートテックを合わせ24千円ほど買い物。
 この店はXLより大きいサイズがほとんどないので私には縁のない店だ。せいぜいハンカチやマフラーを買うくらい。でも今後のことを考えたら、クニユロのアプリを考えたほうがいいかな。

|||||

 ウヰスキー空けた。350本。記念に何か買いましょう。

|

« 1177 わかりやすい日本語 野村雅昭・木村義之 | トップページ | 週末の過ごし方20171126 »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1177 わかりやすい日本語 野村雅昭・木村義之 | トップページ | 週末の過ごし方20171126 »