« 1329 一人1台のルール 為田裕行 | トップページ | 週末の過ごし方20211114(スターバックス券・缶切りチャレンジ・タイヤ交換) »

1330 スマホで防災 宮下由多加

 図書館より。ジャムハウス。副題、家族も自分も守る!スマホで始める最新防災マニュアル。

*指定緊急避難場所; 一時的に逃れるための場所
*指定避難所; 避難生活を送るための場所。
 二つを兼ねている場合も多い。

 災害時に必要なのは情報で、スマホは情報を得ることに優れたツールである。
 ハザードマップ。帰宅支援ステーション。ラジコ。背面ライト。

 意外によくできているのはツイッターやLINEの加入の仕方を丁寧に解説するページ。お年寄りなどに見せたらいいかもしれない。

#紹介してきたように、LINEには災害対策に活用できる機能が豊富に揃っています。それもそのはずで、実はLINEは東日本大震災をきっかけに開発されたツールなのです。
#その防災に対する強い思いが現れているのが、「既読」です。相手がメッセージを読んだことを示すおなじみの機能ですが、もともとは被災時でもメッセージを目にしたことが相手に伝わるようにと付けられた機能です。

#被災地だけに臨時開放される無料の公衆無線LAN「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン) 利便性優先で、暗号化などのセキュリティは設定されていません。個人情報の入力や金融系のサービスの利用は控え、安否確認や情報収集のみに利用してください。

Life360というアプリ
 お互いの居場所を地図上に表示できる。iOS、アンドロイド。

#特設公衆電話
 NTTの災害時専用電話。NTT公式サイトで設置場所を確認しておきたい。

#PowerArQ2
 500Whを誇るポータブル電源。加島商事。

|

« 1329 一人1台のルール 為田裕行 | トップページ | 週末の過ごし方20211114(スターバックス券・缶切りチャレンジ・タイヤ交換) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1329 一人1台のルール 為田裕行 | トップページ | 週末の過ごし方20211114(スターバックス券・缶切りチャレンジ・タイヤ交換) »