« 1451 手塚治虫からの伝言 戦争というもの 手塚治虫 | トップページ | 1452 こんなに変わった理科教科書 左巻健男 »

2022県北大湯ドライブ(15)道の駅かづの あんとらあ(前編)

 最終目的地、鹿角市花輪の道の駅「かづの あんとらあ」へ。鹿島アントラーズという名前で知られているとおり、"antler"とは鹿の角です。もう一つサッカーの話をすると、『キャプテン翼』の立花兄弟で有名な花輪(SS、中学)とはここである。今さらだけれど「立花」なんて名字はいないよねえ。阿部、成田、黒澤、児玉(こだま)あたりだったらそれらしかったのに。

Img_20220504_163923071_hdr_20220810170401

 シューピアザ。プラザ(plaza)をピアザ(piazza)ともじったのか。それとも野茂英雄のフォークボールをとめていたマイク・ピアザにあやかったのか。はたまたいすゞピアッツァか。

Img_20220504_164303504_hdr_20220810170401

 紳士服の文化。そうだ紳士服は文化だ。他国の正式な服装を取り入れることに襟を正さざるをえない心持ちである。

Img_20220504_164635882_hdr

 道の駅かづのへ。あれ、新しくなっている。向かって左手に新しい建物ができた。鹿角はきりたんぽ発祥の地だそうです

Img_20220504_165058737

 かわいらしい木の置物。パズルかな。

スタンプ: ☆☆☆☆☆ ☆☆☆★ (道の駅かづの)


|

« 1451 手塚治虫からの伝言 戦争というもの 手塚治虫 | トップページ | 1452 こんなに変わった理科教科書 左巻健男 »

日常雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1451 手塚治虫からの伝言 戦争というもの 手塚治虫 | トップページ | 1452 こんなに変わった理科教科書 左巻健男 »