« 【雑文110】わがささやかなグランドツアー(2)ハイドパーク・【雑文111】ピアノ・ファミリー・【雑文112】五人はアイドル・【雑文113】小体ロックフェスティバル・【雑文114】いっそ時間が止まれば | トップページ | 週刊ポーシャ20220903 »

1461 手塚治虫からの伝言 平和への祈り 手塚治虫

 図書館より。童心社。監修・中野晴行。

 「モンモン山が泣いてるよ」「魔王大尉(ブラック・ジャック)」「ZEPHYRUS」「0次元の丘」「墜落機(ザ・クレーター)」「ゴッドファーザーの息子」を収める。

 ベトナムのソンミ村虐殺事件をモチーフにした話が二つある。「魔王大尉」と「0次元の丘」だ。この事件は手塚にとって怒りの対象だった。「墜落機」はギャグタッチも混じるがラストのシニカルな爽快感があとに残る。
 「ゴッドファーザーの息子」は十代に描いた漫画がちらちらと挟み込まれ、貴重な資料である。

#だが私は医者だよ 助けをもとめてる患者を助けないわけにはいかんのだ それが私の仕事さ 罪のつぐないとは別のものだ
 この後BJはベトナムの孤児たちに石を投げられてけがをする。

|

« 【雑文110】わがささやかなグランドツアー(2)ハイドパーク・【雑文111】ピアノ・ファミリー・【雑文112】五人はアイドル・【雑文113】小体ロックフェスティバル・【雑文114】いっそ時間が止まれば | トップページ | 週刊ポーシャ20220903 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【雑文110】わがささやかなグランドツアー(2)ハイドパーク・【雑文111】ピアノ・ファミリー・【雑文112】五人はアイドル・【雑文113】小体ロックフェスティバル・【雑文114】いっそ時間が止まれば | トップページ | 週刊ポーシャ20220903 »