« 1501 アタッチメントがわかる本 遠藤利彦 | トップページ | 1503 99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ決定版 河野英太郎 »

1502 マンガ生物学に強くなる 堂嶋大輔・作 渡邊雄一郎・監修

 図書館より。講談社ブルーバックス。副題、細胞、DNAから遺伝子工学まで。

 生物学オリンピックを目指して部内で勉強に燃える高校生四人組と癖の強い先生のコメディ。ギャグ漫画としてしっかり成立しているに感心する。
 内容は生物を学んでいない私にとっては厳しい。読み通したが頭に入っていかない。
 遺伝については「大事じゃない」「つまらん」「『3法則』は古いんだよ」「ごたいそうな」「今どきどうなんかな」とばっさりなのが意外。

#耳垢は入口側の軟骨部にしかできない 耳そうじで耳の奥をこするのは炎症や感染の原因となるだけだ

 漫画家のウェブログはこちら。
【漫画高校生物】マンガでわかる!超・高校生物入門 (旧「萌えろ!高校生物I・II」)

|

« 1501 アタッチメントがわかる本 遠藤利彦 | トップページ | 1503 99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ決定版 河野英太郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1501 アタッチメントがわかる本 遠藤利彦 | トップページ | 1503 99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ決定版 河野英太郎 »