カテゴリー「書籍・雑誌」の1000件の記事

1522 いかめしの丸かじり 東海林さだお

 文春文庫81番。シリーズ第32弾。表紙は輪切りになったいかめしと、バンザイをして大口を開けて喜ぶ豚鼻の少年。
 書名こそいかめしが使われているが、実はタコの特集本。「タコぶつ噛み噛み考える」『蛸の足の「しまった」』「蛸さん鍋となる」の三本を収める。

#こんなことを書いても何の共感も得られないことは百も承知で書くのだが、飲み物をストローでチューチュー吸って飲むあの飲み方、ぼく嫌いです。
#格好がみすぼらしいし、仕草が惨めたらしい。
 名文。「飲み物を…」から始まる主題はある程度長いが、主張は「ぼく嫌いです」とぴしっと短く締める。井上ひさしのようだ。「箱物ジュースのチューチュー」より。

#今夜のおかずはタコぶつよ
#ワーイワーイタコぶつだ
#こんな子供いません
 「タコぶつ噛み噛み考える」の挿絵より。ないものを描く想像力。

#どうです、とかくちらかりがちな具をすべて仕舞ってあるではないですか。
#梅干しを仕舞い、鮭を仕舞い、ちらかりがちなおかかもきちんと仕舞ってある。
 「迫力の肉巻きおにぎり」より。おにぎりが具を仕舞う着眼点。(丸かじりシリーズは着眼点が肝(キモ)であるが)

*(アメリカンドッグにソースをかけると)そうすると甘みが気にならなくなり俄然ビールに合うことになる。
#どうもオレ、何でもかんでもビールに持っていこうとする傾向があるな。
#よくないな。
 いつも一人称は「ぼく」なのだが本心を吐露するときは珍しく「オレ」を使う技巧。しかしこういうオチは珍しい。「おいしいよ、アメリカンドッグ」より。

#そう、ゴハン。ゴハンと組み合わせてこそ、レバニラ炒めはその真価を発揮するのだ。
#合うんですねえ、ゴハンと。
#程よく火の通ったレバーの歯ざわりは、ちょっとサクッとしたような、粘りが少しあるような、少し苦いような、血の味も少しして、まさに内蔵の味、滋養の味。
 「着眼点」と並ぶ「口腔内感覚」こそ本シリーズの柱。

#コンニャクがおいしく煮えててよ
 「変わる変わるよおでんは変わる」の挿絵より。シンプルな描線で色気のある美人のイデアを描く。

 解説は小泉武夫。東京農業大学名誉教授。トイレに「ショージ君の漫画文学全集」を置いているのが通だ。この解説に若い漫画家を連れてきて「キャー、尊敬する東海林センセイの解説を書くなんておこがましい」というパターンはもう飽きた。これくらい重さのある人に頼んで欲しい。田崎真也さんのそれなんて最高でしたね。

| | コメント (0)

1521 トルコから世界を見る 内藤正典

 図書館より。ちくまQブックス。副題、ちがう国の人と生きるには?

 原題は『トルコのものさし 日本のものさし』。三十年近く前に書かれた本に、ちょこちょこ「今では…」という注釈を挟む。もちろんロシアのウクライナ侵略を受けて急きょ出された本だ。ロシア対ウクライナを直接言及するのではなく、あくまでもトルコを背景に、異文化・異民族が接する場所ではどのようなふるまいをすればいいか考える本である。

 意外なことに、トルコの国教はイスラム教ではない。建国の父、アタチュルクがそう決めたからだ。だから国立の大学ではスカーフ(ヒジャブなど顔をおおう物)の着用が禁じられている(私立大学は別)。しかし、イスラム教を信じている人は、着用の自由を求めている。日本人は「顔を隠すことを強制されるなんてかわいそう」と思うかもしれないが、必ずしもそうではないのだ。

*コロナ禍が世界を襲ったとき、いち早くワクチンを開発したのはドイツのビオンテック社だった。ファイザー社製ワクチンの開発元がビオンテックである。この会社を作ったのはウール・シャヒン博士とオズレム・テュレジ博士夫妻。二人とも、トルコからドイツに渡った移民の子である。

#日本企業の経営者たちは、「労働力は確保したい。だけど家族が定住すると子どもの教育問題やら何やらがでてきてやっかいだ。日本人だって単身赴任は珍しくないんだから、外国人労働者にもそうしてもらおうじゃないか」という理屈なのだが、こういう主張は、発展途上国の人びとにとっても、また、すでに外国人労働者を受け入れてきた国からみても、あまりに人権感覚に欠けている。

#「日本人は、なぜいつまでも外国人労働者を受け入れるべきか、受け入れるべきでないか、そんな議論ばかり繰り返しているのですか?」
#「門戸を閉ざしていても、日本にはすでに外国人がはいっているではないですか、なぜ、その現実から出発して、問題を解決しようとしないのでしょう。不思議ですね」
 ベルリンの外国人労働者担当者、バルバラ・ヨーンさん

 ウクライナ戦争で、トルコは「ロシアの侵略には一切正当性がない」と明言した。しかし欧米諸国の制裁には加わらなかった。
#トルコは、二つの国にとって、いわば隣人です。隣人は、近所でたいへんな争いが生じたら、どうするでしょう? 選択肢は二つしかありません。どちらかの味方をするか、どちらの味方もしないかです。戦争は、いつか終わります。一方の味方をすれば、戦争が終わったとき、他方とは二度と関係を元に戻せなくなります。隣同士の国というのは、当然、経済的な結びつきも強く、人の往来も多いものです。それをすべて失うような選択はありえないというのがトルコの判断でした。そして、歴史上、トルコは十数回もロシアと戦争をした経験があります。ロシアが戦争を始めると、いかに残忍で冷酷になるかを最もよく知っているのはトルコなのです。

| | コメント (0)

1520 脳がほぐれる言語学 金川欣二

 ちくま新書。副題、発想の極意。

 かつて「言語学のお散歩」というホームページがあった。富山商船高専の先生が豊かな教養を背景に笑いを取りに行く贅沢なページだった。かなりの長文だったがぐいぐい読ませる力があった。しかも上にわざと「ホームページ」と書いたが、いかにもIBMビルダーあたりで作ったhtmlファイルに好感が持てたものだ。IBMビルダーかどうかは今となってはわかりません。

 身近な例から初めて、言語学、記号論、人類学、民俗学、映画、ジョークを取り混ぜる手腕は華麗なダンスを見ているかのようだ。

#ルネサンスを作ったメディチ家はMediciの綴りからも分かるようにもともと薬業(medicine「メディチーネ」)で儲け、銀行業などに発展した一家で、一三四八年のペスト流行の頃から頭角を現し始めたという。

#人は思ったほど、自由に、主体的に物事を見ることはできない。文化や言語のフィルターを通してしか見ることができず、「客観的な」世界などない。

#「あなたのことをもっと知りたい」は愛の言葉で、「あなたのことがわかってしまったわ」は別れの言葉だ。

作家の落合恵子氏がDJ時代に「レモンちゃん」と呼ばれたように日本ではさわやかさ、清純さの象徴のレモンだが、英語ではすっぱさを重視して「口をすぼませて顔をしかめさせるもの」から欠陥車など悪い意味に使う。

#「セントルイスブルース」だって、初代・林家木久蔵(木久扇)のおかげで「いやん、ばかん」にしか聞こえなくなる。

*イグノーベル賞は、反語的な意味合いの接頭辞を加えたもじりであると共に、「卑劣な、あさましい」を意味する"ignoble"と掛けている。

| | コメント (0)

1519 アラビア遊牧民 本多勝一

 図書館リユース文庫。ただであげるというサービス。朝日文庫。裏表紙にはブックオフの105円の値札が貼られている。

 あれは小学校だったか中学校だったか、国語の授業でアラビアについての比較文化の文章を読んだ。アラブにはラクダを表す単語が何十もあるとか、一次名詞と二次名詞の違いとか。しかし衝撃的な話はこれだ。ホテルの部屋を借りたが、鍵が合わない。丸く収めようと笑顔で「鍵が違いましたよ」とフロントに伝えたら。
「あなたが違う部屋番号を言ったのです」
 国語の授業なんて、善人とわかりやすい悪役しか登場しないと思っていたら、素でこんな人がいるのか。アラブ恐るべし。

 そして数十年後、原典を手に入れた。エスキモーやニューギニアの社会に入り込み、厳しい自然に耐え、住民の懐に飛び込む技術と胆力のある著者が、悪戦苦闘しているのがおもしろい。初日だけは社交的に「これもあれも食べろ」と接待されるが、それからはひたすらほぞをかむ思い。物は取られ、クルマは勝手に使われ、代金はふっかけられる。夜に寝っ転がって見る星空だけがなぐさめだ。

 解説は桑原武夫。著者が「桑原には思考の方法を学んだ」という京都大学の先輩であるが、桑原が「今回の取材は大変だったねえ」とねぎらっているように感じられて(さすがにそうは言っていない)ほほえましい。

#クウェート市の場合、昔は冬わずかに降る雨を屋根から集めたり、木造の“木のタンカー”でユーフラテス川の水を運んだりしていたが、石油生産にともなう急激な人口増加で、そんなことではとうてい間に合わなくなったため、一九五一年、ついに海水を蒸留する大工場を建設した。

#公然たる奴隷制度の国は世界でサウジアラビアが最後となっていたが、三年前から廃止されたため、今はベドウィンも使っていないようだ。奴隷といっても、貧困な自由人より豊かな暮らしをしていた者が多かったので、開放されたときは行き場がなくて困ったそうだ。結局月給取りとなってもとの主人のところに残ることが多い。奴隷もサラリーマンも本質的に同じだという証明でもある。
 アルスラーン戦記にこういう話があったね。

#だが、感情としては、早く切り上げたい気持でいっぱいだ。『カナダ=エスキモー』のイスマタたちや、『ニューギニア高地人』のヤゲンブラなどの名は、私たちだけではなく、読者もまた懐かしく思い出すことができるに違いない。だがアブヒダードのベドウィンと別れる今、私たちは「懐かしく思い出しうる」ような人間を、ついに発見することができなかった。

#驚くべき違った人間とは、正確には「驚くべき違ったカルチュア」であって、その違うカルチュアの中に、それなりの偉大な人格や卑小な人格があるのだ。
 たまたまわるい人たちに当たったわけではない、と言っている。

#『アラビア遊牧民』は、本多独特の家庭密着戦術がとれないためもあって、人間の幸福がみずみずしく描けていないつらさがある。
 桑原武夫の評。

 アラビアの砂漠地帯では水や食料が乏しい厳しい生活を強いられるので、簡単に責任を認めて謝ったり、感謝の言葉を述べてはいけない、ということらしい。

| | コメント (0)

1518 バカと無知 橘玲

 図書館より。新潮新書。副題、人間、この不都合な生きもの。

 心理学の目から差別や陰謀論など社会のあり様を語る。細かい章に分かれているのは週刊新潮の連載だから。
 ヒトは高度に社会性を高めた生き物なので、集団から外れて生きてはいけない。だから協調する。だが自分の遺伝子を残さないといけないので、競争する。あるときは協調し、あるときは競争する。この矛盾を解決するために、ヒトは陰謀を駆使するというのだ。
 書名はダニング=クルーガー効果より。
*能力の低い者は、自分の能力が低いことを正しく認識できない

*近年の脳科学では、「下方比較」では報酬を感じる脳の部位が、「上方比較」では損失を感じる脳の部位が活性化することがわかった。
 だから自分より劣った人を叩くのは気持ちがいい。メディアが芸能人の不道徳をしつこく報じるのはこれだ。

*集合知を実現するには、一定以上の能力を持つ者だけで話し合うこと。それが無理な場合は話し合いをあきらめて、優秀な個人の判断に従ったほうがよい選択ができる。これはある種の貴族政だ。

#自尊心は原因でなく結果

 IAT、潜在連合テストが面白い。「赤」と「夕日」は同じカテゴリーなのですぐに反応できる。「赤」と「海」は時間がかかる。では「黒人」と「銃」ではどうか。このようにして人の無意識を計測することができる。

| | コメント (0)

1517 兄弟姉妹の心理学 根本裕幸

 図書館より。WAVE出版。副題、弟がいる姉はなぜ幸せになれないのか。

 兄×妹、姉×弟などきょうだいの組み合わせでなりがちな性格を解説する。
 第一子は愛情をかけられ期待に応えようとする。弟や妹は親の愛情獲得レースで不利なので自分の道を探す。三人きょうだいの真ん中、中間子は自由に振る舞い家を出ていきがち。
 そしてその傾向を仕事に生かす。兄姉はリーダーとしての振る舞いに慣れている。弟妹は裏方として根回しが得意。

 ちなみに副題の答えは、姉は弟を召使いとして扱うのに慣れているので、恋人に対しても上からの目線で振る舞ってしまうから。

#下の子は母親が一番なので、どこに行くにも母親が抱っこ。そして、父親が上の子を抱っこしたり、手をつないで歩いたりすることになるのではないでしょうか。

#家族の中にある「5つの役割」
#ヒーロー/ヒロイン
#犠牲者
#傍観者
#問題児
#チャーマー
 チャーマーとはピエロ。愛され、癒やしを与える存在。家族だけでなくて職場にもこの5つの役割があるらしい。


| | コメント (0)

1516 ハーレムの闘う本屋 ヴォーンダ・ミショー・ネルソン

 図書館より。あすなろ書房。訳・原田勝。副題、ルイス・ミショーの生涯。2016年読書感想文高校の部課題図書。

 「黒人には知識が必要だ」とハーレムに黒人についての本だけを売る書店を開き、公民権運動を支えた男の生涯。
 この本の中身は、発言やインタビュー、記事の断片という画期的な構造をしている。あとがきでは架空の人物もいるとわかるが、読書中はリアルさに圧倒される。
 ミショーは子供のころは盗みを働く問題児で、教会の牧師である兄からは問題視されていた。それでも父親から受け継いだ商才と弁舌で食いつなぐ。兄が黒人に農業という色を与えようと事業を始めたときに、彼は気づく。

#この募集の仕事を通じて、わたしは多くの黒人たちと接したが、残念ながら、自分たちの歴史をちゃんと知っているものはごくわずかだった。自分がどこから来たのか知らなければ、どこへ行こうとしているのかがわからない。
#自分が何者かなのか知って初めて、現状を改善できる。

 その本屋は公民権運動家や詩人、新聞記者などのたまり場になった。モハメド・アリもやってきた。マルコムXは店の前で演説を行なった。ミショーはいつしか「教授」と呼ばれるようになった。「ああ、おれは公言する(profess)からな」とうそぶく。店の名前は「ナショナル・メモリアル・アフリカン・ブックストア」。たくさん飾られた看板の一枚には、"THE HOUSE OF COMMON SENSE", "HOME OF PROPER PROPAGANDA"(良識の館、適切なる宣伝活動の拠点)とある。

 マーチン・ルーサー・キング牧師のことはよく思っていない。黒人を雇わない本屋でサイン会をしたことに怒っている。
#わたしは20年も前から、ハーレム随一の書店を経営しているのに、キングも、キングの本を出している出版社も、わたしに会いに来ようともしない。
#キングは素晴らしい活動方針をもっているし、口にする言葉は洗練されている。でも、教養がありすぎて、ポケットに辞書を入れておいて調べないと、なにを言っているのか、ふつうの人にはさっぱりわからない。

#わたしはいつもキングの意見に賛成してきたわけじゃないが、でも、キングが、正義のために闘う兵士として、それなりの役目を果たしたことはまちがいない。われわれ黒人の中から声の大きなやつを排除してしまえば、あとの連中はすごすご引きさがると思っているやつらがいる。でも、そうはいかない。また、だれかが声をあげ、武器を研ぎ、闘いに加わるだろう。わたしは暴力を好まない。言葉を武器に闘っているが、なぜこれほど多くの黒人が怒りにかられているかは理解できる。暴力は天国から始まった。神は敵である悪魔に対して暴力をふるった。神は悪魔を天国から追い出したが、それは暴力だろう。

#切り倒されている時に、だまって立っているのは樹木だけだ。

 読みながら死の雰囲気が横溢していることを感じるのは、なぜだろう。

伝説の書店 その2 ハーレムの黒人専門書店 - 愛書家日誌
 このサイトの説明がすばらしい。

| | コメント (0)

1515 漫画 人間とは何か? 原作:マーク・トウェイン 漫画:鷹巣☆ヒロキ 

 図書館より。文響社。監修、石原剛。特別寄稿、妹尾武治。副題、自己啓発の劇薬マーク・トウェインの教え。

 「人間など環境に反応する機械でしかない」「設計通り動くだけ」「人間もネズミも変わらない」「すべては自己満足」「違いは環境と気質だけ」と過激なことを言う文豪とそれに反発する若い経営者の論戦。
 監修者は心理学的決定論を持ち出し、意思に関係なく体が反応する例を挙げる。「人間に自由意志などない」とまで言う。例えば、脳は「○○を考えない」はできない、とか。

 この本はどう捉えるべきか。監修者はエピローグで、すべては決まっているのだから、自らを誇ることもなく、他者を批判することもなく、ありのままに生きようとする「赦しの思想」を唱えている。
 私は「機械なんかではない」という逆説だと捉えたい。

| | コメント (0)

1514 儲けたければ原価率は40%にしなさい! 日経レストラン

 図書館より。日経BP社。

 全国の人気店がなぜ人気店であるかの秘訣を明かす。実際は原価率は35%程度が多いが、おいしさ、ボリューム、話題性の三つのどれかに力を入れるので原価率は上がる。

 原価BARはお酒を原価で出すが、1,500円の入場料がそのまま利益になる。
 とりとり亭は刺身やエビフライなどの豪華お通しで客を集める。
 くろぼうずは焼肉店なのにロースやカルビを置かず、豚の横隔膜(ヒレ下)や豚タンなど安い食材で食べ放題を実現する。
 半魚人は女性三人だけの店で、女性が魚をさばく姿をショーにする。

*簡単な料理なのに料金を強制的に徴収するお投資の仕組みに疑問を抱くようになった。いろいろな料理を少しずつ出すのは、西洋料理のアンティパストがモデル。(とりとり亭)

*フォアグラテリーヌ; フォアグラ約350gに対して、鳥の白レバー約100gを混ぜることで、量を減らさずに、原価率を抑えている。(コックマン

#巨大なミル(粉砕機)を使って客席で独自にブレンドしたスパイスをかけるパフォーマンス(JHONNY's まかない屋

#仕入れる量は、さほど多くないので、水野氏が自転車で魚市場に通っている。(半魚人)

| | コメント (0)

1513 トコトンやさしい木工の本 赤松明

 図書館より。日刊工業新聞社B&Tブックス、今日からモノ知りシリーズ。

 木の性質や大具道具、加工・接合・接着などがよくわかる。右ページに本文、左ページにイラスト、というこのシリーズの組み立てが素晴らしい効果を発揮している。このわかりやすいイラストを描いたのは小島サエキチという人だ。

 「けがく」とは「罫をかく」こと。
 のこぎりの角度は30度。
 (日本の)のこぎりは引くときに力を入れる。
 普通の金槌は片方に釘抜がある道具。
 玄能は両面でたたく道具。

 こんな当たり前なことを教えてくれるのが親切である。

#「人体系家具」の代表である椅子は、家具の中で最も設計製作の難しいものです。
 人体系家具は椅子やベッド。
 準人体系家具は机やテーブル、カウンタ。
 収納系家具は棚や戸棚、タンス。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧