カテゴリー「書籍・雑誌」の1134件の記事

1143 がんばらないで楽に走る 鮎川良

 図書館より。学研パブリッシング。

 著者は整体師ランナーという聞きなれない肩書を持っている。整体師だからこそ豊富なストレッチを紹介し、「オリンピックを目指すわけではないのだから、できるだけ体を使わない走り方を覚えましょう!」とエンジョイラン走法を広めている。まずその目のつけどころがいい。

*1) 2本のレールをイメージする; つま先はレールにそってまっすぐ。
*2) 前傾姿勢になって体重移動で進む
*3) 蹴り上げずに小股で進む
*4) 足を常に真っすぐ出す ;1の理由は、ひねるとヒザを痛めるから。
*5) 重心の真下に着地する; 3と同じで、重心より前に着地するとヒザに負担がかかる
*足の内側へ体重を乗せる; 外側の腓骨は細く、内側の脛骨は太いから。
*呼吸は6拍子。3歩でスーーー、3歩でハーーー。

*痛みが点なら疲労骨折、痛みが面なら筋肉痛(の可能性)

| | コメント (0)

図書館1281

1272) 病院図書館の世界 奥出麻里
1273) 先生、犬にサンショウウオの捜索を頼むのですか! 小林朋道
1274) すぐわかる画家別西洋絵画の見かた 岡部昌幸
1275) LDの友だち 上野一彦
1276) 気まぐれコンセプト完全版35年分 ホイチョイ・プロダクションズ

1277) デジカメ写真整理&活用 リブロワークス
1278) アメデオ・モディリアーニ 解説:アネッテ・クルシンスキー
1279) なぜ蚊は人を襲うのか 鹿糠洋陸
1280) 好きなようにしてください 楠木建
1281) ニンテンドー・イン・アメリカ ジェフ・ライアン

 んー、このエントリは重複だからいらないかな(今さら)。

| | コメント (0)

1142 デジカメで人物を上手く撮る見本帳 石田徳幸ほか

 図書館より。翔泳社。

 人物を撮るということは、目の前に人物がいるということだ。それは初対面のモデルさんかもしれない。友達かもしれない。他人の子供かもしれない。撮影テクニックだけでなく、対象人物との関係の作り方も含めて説明しているところがこの本の輝きである。「疲れないように休憩をはさみましょう」、「まだ人間関係ができていないうちは、距離をとった全身ショットから始めましょう」なんて。子供相手だと「カメラを鞄にしまって、一緒に遊びましょう」だ。
 六人のカメラマンが分担執筆しているが、有名ITライターの荻窪圭氏の写真にぞくっと来る。

*定型フォーマット; ①全身 ②上半身アップ ③中腰 ④しゃがみ(上目遣い) ⑤座り ⑥座りアップ ⑦室内・うつ伏せ ⑧室内・仰向け

*キャッチライト; 瞳の輝き。レフ板で作る。あるいは空を見上げる。
*足の甲を見せる(長く見える)
*S字ライン; 胸を張ってお尻を突き出す
*笑顔「い」の口 セクシー「う」の口
*ボケた背景に緑(自然)を入れる
*三分割構図; 横に三分割した線分に人物を置く。縦に三分割した線分に、主役の顔を置く。
*光の向きを読むには握りこぶしを観察する
*「笑って」と言っても作り笑顔にしかならない。
*かわいい仕草; 小さく丸まる 上から撮る 何かに抱きつく ものにあごを乗せる
*指輪交換シーンはあらかじめ撮影する
*バウンス発光; フラッシュが近いときつい顔になる
*雨の日は透明なビニール傘。手前を上げて顔を隠さないようにする。それで濡れる場合は、モデルさんのことを考えて撮影を中止しよう。
*誕生日ケーキ; フラッシュはご法度。ISOを3200または6400まで上げる。

*一眼レフでなくてもぼかす方法; 立ち位置と背景を離す。レンズをもっとも望遠にする。人物にできるだけ近づいて撮影する。

 この本を読んでいると、若い女性をモデルに写真を撮りたくなる。それはいい本だ。

| | コメント (0)

1141 この世界の片隅に前編 こうの史代

 図書館より。双葉社。

 別エントリで激賞した映画の原作に、図書館でばったり出会った。映画化は原作に忠実になされていることがわかる。それは原作を尊重する監督の姿勢であろう。著者は事実を尊重し、監督は著者を尊重する。
 映画を見ていて疑問に思っていたことが一つあった。なんで周作は妻を水兵さんに貸し出すようなことを、苦渋の決断の末とは言え、するのだろう。それはカットされた第19回を見て納得した。

#この人あ六時に帰るけえロクジじゃ思うとった人で! どんな機密をねらうんか…
#しみじみニヤニヤしとるんじゃ!

| | コメント (0)

1140 夕凪の街 桜の国 こうの史代

 図書館より。双葉社。

 恐るべし緻密さ。練りに練られたプロット、巧みな演出。一言で言うと漫画がうまい。
 新聞連載の四コマのようなシンプルな絵柄に、一度読んだだけでは広島の生活スケッチくらいにしか感じられない。
 しかし二度三度と読んでいくと、わかるのだ。広島の悲劇は現代と隔絶されているのではない。当時の人々は必死で生きた。恋もした。叶わぬ思いもあった。人々は移り変わり、桜の木は大きくなり、また花を結ぶ。

#嬉しい?
#十年経ったけど 原爆を落とした人はわたしを見て 「やった! また一人殺せた」 とちゃんと思うてくれとる?

 お墓というものは大事なものである。

【付記】アマゾンのレビューが437件。知名度に比べれば圧倒的な数だ。

| | コメント (0)

1139 図説コーヒー UCCコーヒー博物館

 図書館より。河出書房新社。

 神戸ポートアイランド博覧会(懐かしい)のパビリオンを前身とするUCCコーヒー博物館が、コーヒーの歴史から種類、淹れ方などすべてを豊富な写真ともに教えてくれる本。

 わかったこと。コーヒー豆にはたくさんの種類があるが、普通飲んでいるのはアラビカとカネフォラの二種類だけ。カネフォラは病気に強いことからロブスタとも呼ばれる(英語だとrobust)。美味しいのはアラビカで、カネフォラはブレンドに用いられる。
 ブルーマウンテンはジャマイカにある。
 ペーパードリップを発明したのはドイツの主婦、メリタ・ベンツさん。

*飲む直前に鼻から嗅ぐ香りがアロマ。コーヒーを口に含んでそれが気化して喉の奥から鼻に抜けたときに感じる香りをフレーバーという。

| | コメント (0)

1138 図解100%好かれる1%の習慣 松澤萬紀

 図書館より。ダイヤモンド社。

 同名の単行本のエッセンスを、外国人モデルやピクトたっぷりに抽出した簡易版。著者はANAに十二年間務め、マナー講師として活躍している。

*「ありがとうございます」を二回言う
*食事中相手がナプキンを落として気づかなかったら自分も落として給仕を呼ぶ
 これは格好いい。

*三角ほめ(間接的にほめる)
*クレームには「そうですね」と共感する
 もちろんクレームを受けたのが自分でないときだ。

 そしてこの本最大の衝撃を受けたマナーはこれだ。
*女性の年齢は10歳若く、男性の年齢は5歳若く言おう

| | コメント (0)

1137 アスペルガーの館 村上由美

 図書館より。講談社。

 著者は言語聴覚士。そしてアスペルガー障害を持つ女性。こだわりがあり、興味を持ったことには夢中になりやめどころを知らず、協調性がない子供時代。さらに絶対音感もあったものだから音楽の時間は周りに文句をつけてばかり。「だってわかるもん」というのがリアルだ。ただ学力はあったので一部の先生とは仲良くできた。高校は遠くの、自由な校風の学校を選んだ。上智大学進学。国立身体障害者リハビリセンター卒業。ネットで同じくアスペルガーを持つ男性と出会い、駆け落ち同然で結婚。書名は旦那さんのホームページのタイトル

 「アスペルガーのケーススタディとして」、「言語聴覚士のなり方や業務内容を知る本として」、複数の読み方ができる。初めて抱き合った日のことまで書いてしまうところもご愛嬌。

#小さいころからさんざん悩まされてきた聴覚過敏だったが、言語聴覚士の仕事ではすぐれた能力として活かせる場があると知ったのもうれしかった。

#我が家の整理と収納のキーワードは「可視化と分類」である
 引き出しに「キッチンタオル」「おしぼり」「キャットフード」と(おそらく)テプラが貼ってある。

*「治らない」のは脳の状態であって、他者とのコミュニケーションのとり方やものの管理の仕方などは、学習によって改善できるのを、自分の経験として知っているからだ。
 この文、さらりと書いていますが、きわめて重要なことを指摘しています。

【追記】ホームページを見ると、趣味の欄に「読書、パソコン、パン作り、料理」とある。私はパン作りはやめてしまったが、一致しているのに鼻から息がもれてしまう。

| | コメント (0)

1136 誰も教えてくれない質問するスキル 柴本秀徳

 図書館より。日経BP社。

 著者はコンサルタント。実際のセミナーの内容を本に直したもの。コンサルタントの本に読み慣れていない人には不向きかもしれない。
 この本の要諦は左から右に流れる要求ツリーである。あるお客が「中目黒に住みたい」と言ったとする。右には「間取りは?」「風呂は?」「家賃は?」と具体的な項目が並ぶ。そこをあえて左に行き、抽象的な質問をするのだ。「どうして中目黒なのですか?」と。「おしゃれな街だと聞いたから」という解答を引き出し、だとすれば青山でも吉祥寺でもお勧めすることができる、というのだ。(いわゆる、そもそも論だ!)

*相手が話しているときに、次に自分が何をしゃべろうかと考えている人を好きになれるかというと、あまり好きになれないと思います。

*マーケティングの世界ではよく「ドリルを売るな、穴を売れ」と言います。顧客はドリルというモノが欲しいわけではない。

*僕はマネジメントを、「チームやメンバーが機能する状況を作り出すこと」と定義しています。

 服装のだらしないメンバーに。
*「お客さんのところに同じ格好で行けるか?」「お客さんのところも、会社も、仕事場であることに違いはない。会社は身内だと思って甘えちゃ駄目だ」

*問題解決を助ける問いかけ
*いま、何が起きているの?
*この事態を○○さんはどう捉えているの?
*問題を解決するにはどんなアプローチが考えられる?
*問題を解決するために、私に何かできることはないかな?
 上司になったら言ってみたい。

#やっていることはシンプルです。質問しかしていません。「困っていることは?」「あるべき姿は?」「そこに至るまでのステップは?」「じゃあ、どこから手をつけますか?」

*2軸型の図でよく使われるのは「重要度」と「緊急度」

| | コメント (0)

1135 子どもの英語力を育てたいお母さんのための本 マスミ オーマンディ

 図書館より。アスペクト。副題、楽しみながら自然に学べる正しい方法。

 著者は夫とともにPLSメソッドを開発し、英語学校を経営している。そのためこの本は結局PLSの宣伝が主になってしまうが、「ネイティブの正しい音声を聞く」「英語学習は4、5歳からでよいが、10歳までには始めたい」「お母さんも一緒に学ぶ」「一日15分の家庭学習が大事」と主張にブレがないところに迫力を感じる。

#カタカナ英語は厳禁
*文字の大きさや太さを変えるなどの工夫が凝らされたものもありますが、カタカナはしょせんカタカナです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧