カテゴリー「書籍・雑誌」の1177件の記事

1184 知ってるだけで一生得する料理の裏ワザ・基本ワザ大全 話題の達人倶楽部・編

 図書館より。青春出版社。

 その名の通り料理の薀蓄をただひたすら並べた本。こういう本を速読するのは大変。

*ポテトサラダ用のじゃがいもなら男爵がおすすめ
*美味しいサンマの共通点は尾が黄色く、全体に厚みがあって大きいこと
*玉子は「平らなところ」で割ったほうがうまくいく
*包丁は硬いものは押して、柔らかいものは引いて切る
*砂糖を使うとカリカリのベーコンが焼ける
*ステーキは焼く前に冷蔵庫から出しておき、室温になじませる。焼く2、3分前に塩こしょうをふる。
*刺し身は引いて切る
*マヨネーズがなくなったらポン酢を入れて振ると、マヨポンができる
*豆腐にオリーブオイルを回しかけ、塩こしょうや醤油でおいしいおつまみ
*レンゲは柄のくぼみに人差し指をかけ、親指と中指ではさんで持つ

 卵は台所の角で割った方がいいと思う。

| | コメント (0)

1183 サバがマグロを産む日 監修・刑部真弘 奥山文弥

 図書館より。つり人社。

 なんか同じ題名の本を借りたな、と思ったら、その本の内容を含むオムニバスであった。東京海洋大学のフィッシングカレッジなるイベントの講義をインタビュー形式に編集したもの。養殖を研究する人。DHAの大量生産に成功した人。海洋の流れに詳しい人。かまぼこ会社社長。金魚の養殖家。釣り餌会社の人。熱い魚愛を感じる。さかなクンが普通の人に見えるくらい熱い人が集まっているのだ(さかなクンのページもあります)。

#トラウトサーモンって、何のことはない、ニジマスなんですよ。

| | コメント (0)

1182 みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング 森沢洋介

 図書館より。ベレ出版。英文校閲、Howard Colefield。

 日本でしか英語を学んでいないのに英語の達人になった著者が勧めるCD付きの本。あれもこれもでなくて、一つの教材を、見ないで聞いたり、リピートしたり、シャドーイング(同時読み)したりと徹底的に音声を重視した学習法である。中学から高校の過渡期くらいの難易度で親しみやすい。最初の読み物が英語教授法でちょっと驚くかもしれないが、それ以外の物語はほっこりする。

*hit it off; 仲良くする、気が合う

*homemaker; 主婦
 大工かと思った。

*drizzle; 霧雨
 シンデレラの次姉はドリゼラ。

| | コメント (0)

1181 お金持ちになる科学 ウォレス D・ワトルズ 訳・松永英明

 図書館より。ぜんにち。

 科学ということは再現性があるということだ。環境さえ同じなら、誰がやっても。これはすごいと借りてみた。

 欲しいものを手に入れた姿をイメージしなさい。
 今ある仕事に全力を尽くしなさい。
 失敗するイメージは持ってはいけません。
 競争に勝ったり、人を喜ばしたりするためではなく、自分を前向きに進めるために努力しなさい。

 これはお金持ちとは違う。原題は"The Science of Getting Rich"である。お金持ち、というよりは豊かになる方法である。

*男も女も子供も含めてあなたが接するすべての人に、あなたが確信している事実を伝えてください。取引がどれほど小さくても、たとえ幼い子供にキャンディーを一本売るだけであっても、これで相手は発展していくのだという思いを注ぎ、お客さんがその思いに感銘を受けるようにしてください。

| | コメント (0)

1180 ちいさい言語学者の冒険 広瀬友紀

 図書館より。岩波科学ライブラリー。副題、子どもに学ぶことばの秘密。

 「か」にてんてん(濁点)をつけると「が」になる。「さ」にてんてんをつけると「ざ」になる。ところが、「は」にてんてんをつけてというと、「ぐぁっ」と喉から絞り出すような音になる。これは日本語の表記に例外があるからである。pの有声音はbであり、じつは「は」と「ば」は対応する音ではない。
 もう一つ。子供が「死ぬ」のことを「死む」と言った。これはなぜか。五段活用でナ行の動詞は「死ぬ」たった一つなのだ。だから言い慣れている「む」で終止形とした。
 というように、子供の発話を観察することで日本語の研究が進む、ほほえましい気分になる本。なるほど、著者は「とものり」さんではなく「ゆき」お母さんであったか。

*「おんな」+「こころ」は「おんなごころ」と濁音化する。しかし「おんな」+「ことば」は「おんなごとば」にはならない。二つ目の語にすでに濁音が含まれていると濁音化しない。これはライマンの法則と呼ばれている。ライマンさんは明治時代にアメリカから日本に来た鉱山技術者。

*どういうわけか「し」だけがさ行から仲間外れですが、実際に発音してみたら、「し」だけ歯茎より後ろで発音していることが実感できるでしょう。

*「っ」を外国人に尋ねる; 「次の音の構えをしながら、つまりスタンバイしながら一拍分の長さをおくことです。」

*くすぐられると「はずかしいよ」と言う; 「はずかしい」を「笑うべき状況」と学習している(三歳)

| | コメント (0)

1179 文豪ナビ三島由紀夫 新潮文庫編

 図書館より。新潮文庫。

 三島由紀夫と言えば自衛隊で割腹自殺をした人、というくらいの意識しかなかったので借りてみた。紡ぎ出された絹糸のように美しい文体。言葉が輝いている。美しい。そして美しいものを著者は求めているのであろう。
 私は同性愛的なものが苦手なのでたぶん三島文学には手を出さないであろうが、この本は若者にキャッチーな構成で目立つ一冊である。

| | コメント (0)

1178 共働き夫婦のための「お金の教科書」 深田晶恵

 図書館より。講談社。副題、やらないと絶対ソンをする「貯め方」「使い方」のルール。

 下に挙げたようなルールを、本当に歯切れよく並べていく。損か得かだけを考えて、いらないものはスパスパ切り捨てていくのが気持ちよい。また、親の世代は高金利だったから、という考察が素晴らしい。

*死亡保険は掛け捨ての10年定期がおすすめ
*親の時代は高金利で終身は安かったので親はすすめるのです

*医療保険は住宅購入と子供の進学の二大イベントが終わったら卒業する

*1500万円以上のローンは変動でなくて固定金利で借りる
*景気が良くなるとき、固定のほうが先に上がるから

*子供の教育費は18歳までに一人300万円(年間100万円だから)

*子供には医療保障も死亡保障もいらない

*不動産投資で成功している人はよく勉強してものすごい量の物件を見ている人。絶対に新築のワンルームマンションは買わない。

| | コメント (1)

1177 わかりやすい日本語 野村雅昭・木村義之

 図書館より。くろしお出版。

 わかりやすい日本語について14名の研究者が自説を述べる。前半七本は日本語そのものについて。後半七本は日本語の運用について。お互いの説について論じたりまとめたりする場面はなく、評論集というところ。

*クイズ 「就活・婚活・独活・終活」 この中で俳句の季語になっているのはどれ。
 この「やられた」感(やられなかったけれど)。「俳句の季語」という出題がいい。これが「植物の名前なのは」だったらばれてしまう。

*鞦韆; ぶらんこ

*母音上の横棒;マクロン 山形の記号;サーカムフレックス

*貼付; 「写真貼付」とあれば頭のなかでは「写真はりつけ」と思ってしまう。それで充分なのが漢字のいいところ。正しくは「ちょうふ」。

*ライフライン; 命綱 救命索

やさしい日本語化支援システム、通称「やんしす」

解説している記事

| | コメント (0)

1176 イソップ物語 イソップ

 図書館より。IBCパブリッシング。訳、V・S・ヴァーノン・ジョーンズ。

 北風と太陽、アリとキリギリスなど誰でも知っている物語の英訳八十本。英語の勉強になるかな、と思ったらわざと古風な表現を使っており読みにくい(without more add = soon)。

 心に残ったのはネズミとカエルとタカの物語。ネズミとカエルは仲良くなろうと足を結びつけた。ネズミが住む土の上では楽しく遊べたが、カエルが住む水の中ではネズミは溺れて死んでしまった。それを見つけたタカがネズミをくわえて飛ぶ。カエルはひもを外そうとするが、結局ふたりとも食べられてしまった。なんて鬱エンド。

#Revenge is a two-edged sword.
 諸刃の刃ってこう言うんだ。


| | コメント (0)

1175 まんがで読破 遠野物語 柳田国男

 図書館より。イースト・プレス。漫画、バラエティ・アートワークス。

 調査旅行に来た大学院生が天狗に会って山中の一軒家に飛ばされ、猟師の男と奇妙な一週間を過ごす話。電気のない生活をしたり、猿の経立(ふったち)のラジオを直したり、河童や狐に出会ったり。猟師の男が方言でないのが雰囲気に欠ける。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧