カテゴリー「書籍・雑誌」の1153件の記事

1161 気まぐれコンセプト完全版35年分 ホイチョイ・プロダクションズ

 図書館より。小学館。

 図書館にこんなのがあるのか。「気まコン」を、スピリッツを知ったのは大学生。「サルまん」「じみへん」そして「気まコン」を楽しみにしていた。
 表紙には「この本はタイムマシーンである」と英語で書かれている。バブル前の81年からバブル景気、バブル崩壊を経てケータイ、スマホ、「自分らしさ」大好きな若者、と時代をしみじみ感じる。

*ネットサーフィンという言葉はアメリカのジーン・アーモア・ポリーという人が雑誌で"surfing the Internet"という表現を用いたのが起源。

*ドゥビドゥビゲーム; ①親が「ドゥビ・ドゥビ・デュ」と言いながら誰かを指す。②指されたヤツの両側の二人は、「ビュッ・ビュッ・ビュッ」と言いながら指されたやつを両手ではやし立てる。③はやし立てられている間に、指されたヤツは別の誰かを「ドゥビ・ドゥビ・デュ」と言いながら指す。

#千円シャツ
(参考 http://vehoi.seesaa.net/article/257881327.html

*二人きりで食事をしたら、女は必ず悩み事を話し始める。だがその話に意見を言ってはならない。にもかかわらず、女は話の最後にこう言ってくる。「どうしたらいいと思う?」 聞きたくないのに意見を求めてくる。答えようがない。正しい答え方が一つだけある。
*答えはもうきみのここ(胸)にあるじゃないか

| | コメント (0)

1160 男の作法 板坂元

 図書館より。PHP文庫。

 大正生まれでケンブリッジやハーバードで教鞭をとったダンディ先生がマナーについて説く。
 あまりに厳しくあまりに古いので読んですぐ実践しようという種類の本ではないが、マナーの真髄がわかる本。

#ヘミングウェーの『武器よさらば』の冒頭の文は、名詞と動詞だけで書かれていて、形容詞はほとんど使われていない。「悲しい」とか「おそろしい」といった感情を示す言葉は全く見当たらない。にもかかわらず、戦争のむなしさ暗さが作品全体を象徴するかのように見事に形象化されている。

| | コメント (0)

1159 TEDトーク世界最高のプレゼン術 ジェレミー・ドノバン

 図書館より。新潮社。翻訳、中西真雄美。

 TEDとはテクノロジ、エンターテイメント、デザインの略称であり、その素晴らしいアイデアを広めるためのNPOであり、そのショーである。TEDトークを分析した著者は、よいプレゼンテーションに共通する事項を「内容」と「技術」に大別して解説する。

#聴衆に向かって何か質問を投げかけたら、少し間を置き、「いま考えているんですね」というようにうなずきます。こうすると、聴衆が返事をしていなくても、双方向の会話が維持できます。

#スライドはあくまでも聴衆の理解を助けるものであって、自分用の巨大なカンニングペーパーにしてはいけません。

| | コメント (0)

1158 会話が続くコツ 村松加王里

 図書館より。すばる舎リンケージ。

 著者は元アナウンサー。会話のコツを平易な文章でわかりやすく説明する。
 インタビュアーとして有名人に会った場面の次にはエピソードを期待するが、大して具体的な話もなく流してしまう癖があるのがもったいない。え、会っただけなの? 自慢話? という調子。

#知らないフリをする
#「人に恥をかかせてはいけないものよ」

*おすすめは「WHY」「WHAT」「HOW」に絞った「2W1H」です。

*トイレの気遣い; ドライブ中に女性から「お手洗いに行きたい」なんて言わせるのは仕事のできない男性
 これには納得。男性の方から「次のSAでトイレに行こう」と言う男になりたい。

| | コメント (0)

買った漫画86

84) キン肉マン 12巻 ゆでたまご
85) キン肉マン 23巻
86) キン肉マン 60巻

 9月に発売された60巻が見つからない。注文する。

 その間本棚を点検する。12、23、35、36巻がない。12巻はアトランティス戦決着からモンゴルマンがスプリングマンを倒し、バッファローマンが悪魔に乗っ取られるまで。23巻は夢の超人タッグ編決勝戦、アップル・シェイバーに対してテリーマンの一世一代の大芝居から、タッグ編完結まで。山場が見つからなかったんだなあ。

 60巻は悪魔将軍対ストロング・ザ・武道、いやさゴールドマン対ザ・マン後編。始祖(オリジン)編完結。著者が挨拶で言っているように、これまで一つのシリーズが60巻に達したことはない。まだ次は描けるんだろうか、と心配になるほど完成されたシリーズであった。

 35、36巻は運命の王子編のクライマックス。ここはジャンプコミックセレクションも持っているし、何よりここはフェニックスが「醜いビビンバはいらない」と男を下げていくプロットなので急いで買う気持ちにはならない。

| | コメント (0)

1157 家庭用ゲーム機コンプリートガイド 山崎功

 図書館より。主婦の友インフォス情報社。

 表紙には「掲載機種は100以上」とある。ファミコン以前の「ポン」「TV-JACK」「カラーテレビゲーム6/15」「マックスマシーン」「ソードm5」「RX-78 GUNDAM」なんてマニアックな機種がずらりと並ぶ。コレクターらしく、スーパーカセットビジョンのピンクの「レディースセット」なんて珍品もある。同時代の人にはぜひ一度読んで欲しい。

*3DOの名は「オーディオ」、「ビデオ」に次ぐ三つめのディオとして名づけられた。

| | コメント (0)

1156 頭のいい小学生が解いているヒラメキパズル 松永暢史・星野孝博

 図書館より。メディアファクトリー。

 この本ではパズルは四つに分類される。
 反射型(過去の経験から直感的に引き出す)
 注意型(問題に隠されたカギに注意する)
 想像型(問題のイメージをふくらませる)
 分析型(ルールを見つけ出す)

 問題を出し、段階的ヒントを出し、解説をするのを繰り返すだけだが、ボリュームも充分である。

 気に入ったのはこれ。マルバツクイズ。
#タクシーはふつう手で停めるが、足で止める人もおおぜいいる。

| | コメント (0)

1155 《新装版》勝海舟の人生訓 童門冬二

 図書館より。PHP研究所。

 アメリカに行って民主主義を知っていた。「ワシントンの子孫は何をしていますか」と尋ね、知らないという返事に衝撃を受けた。
 尊王か佐幕か揺れているときに、幕府がどうとかではなく国家のためというビジョンを持つことができた。
 筋を通した。前項に反するようだが、幕臣として、幕府の顔を潰すようなことはしなかった。
 自由自在な幕末の風雲児、勝海舟。弟子を取らなかったというのも彼らしい。

 天璋院(篤姫)の贅沢を諌めるため、「おれの姉ということで町に出ましょう」と連れ出して庶民の生活を見せるわかりやすさがいい。

| | コメント (0)

1154 ロウアーミドルの衝撃 大前研一

 図書館より。講談社。

 年功序列の時代は終わり、所得階層は豊かな人と貧しい人の二極化が始まった。それを三十年早く経験しているアメリカを範に、生活者はどうすればいいのか、政治はどうすればいいのか具体的な例を上げて力強く進む本。
 日本の厳しい規制が価格を押し上げている話や、オーストラリアなど外国から農地を「輸入」する話など、読んでいて楽しい。

 分析は素晴らしいのだが、では個人ができることは何か。
①持ち家にこだわらず借家にすむこと。
②マイカーよりレンタカーを使うこと。
③教育にお金をかけないこと。

 地方に住む私にとって②は論外である(著者もそこはお断りを入れている)。③は地方ではそもそも私立の学校に入れる人はごく少数派である。①にがっくり来る。5000万円の家を買わずに家賃12万円の家を借りれば、2500万円が浮く。その分小さな別荘を買い、ウィークエンドハウスに使えばいい、というのだ。別の本でも読んだ話だ。不動産の広告を見れば、2000万円の家が立派なゴールだというのに。

#生の生き方を教えることは、学校や塾の教師にはできない。学校の教師は、教員免許を取得していったん採用されれば「一生食える」と思っている連中で、人生の生き方について教えられるような社会経験はゼロに等しい。社会の厳しい荒波に揉まれて、上司のいじめや出世の妨げにあって苦労したり、転職をどうするかで悩んだりしたこともないからだ。

*アカデミック・エリートとストリート・スマート

#新しいものが生まれてきたら、古いものは自然淘汰されるなどして改革は楽に進む。

| | コメント (0)

1153 ロード極めるなら業界一の自転車バカに訊け! 菊地武洋

 図書館より。小学館。副題、ROADBIKE BESTBUY BOOK。

 2013年のロードバイクの世界において、一台目のベストバイと二台目のベストバイそれぞれ十台を軸に、あまりに濃いトークが展開される本。自転車を組んだりレースに出たりするマニア向け。私には読めるけれど意味が入ってこない。せいぜいわかったのは、シマノのコンポ(変速)はデュラエースが一番で、以下アルテグラ、105、ティアグラと続くそうだ。私のクラリス(安い)はこの本には登場しない。そういうレベルの本。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧